脱毛するなら日焼けはNG

脱毛するなら日焼けはNG

これから脱毛をはじめる方は「日焼け」はNGです。これは部分脱毛でも全身脱毛でも同じ事が言えます。なぜ、脱毛をするのに日焼けがNGなのでしょうか。

 

そもそもフラッシュ脱毛でもレーザー脱毛でも、お肌に光を照射して脱毛を行います。その際の光は「メラニン色素(黒いもの)」に反応するようになっているのです。つまり、本来黒い毛に反応する光が、日焼けした黒い肌に反応するようになる危険性があると言う事です。

 

脱毛の光はメラニン色素である毛根を破壊する事で成長期に在る毛に脱毛効果を与え、毛が生えてこなくなるようになります。

 

お肌が日焼けで黒くなっていると、この刺激が毛根に届く前に肌に反応してしまうのです。すると、痛みを感じやすくなったり、やけどを起こしてしまったりすることになってしまうのです。

 

ですから、脱毛をこれから始めようと言う方や、現在脱毛サロンに通っている最中と言う方は、なるべく日焼けをしないように露出度の低い服装で外出するようにしてください。

 

また、サロン側の判断で、あまりにも日焼けが酷いお肌だと施術を断られるケースもあります。やはり、やけどなどの心配があると言う事と、仮に施術できるとしても酷い痛みを伴う可能性があるからです。